不動産投資なら海外不動産も検討してみよう【情報収集が不可欠】

低金利時代の継続

マンション

資金運用の重要性

日本ではバブル崩壊後長期にわたってデフレ経済が継続しており、金利についても低金利時代が継続しています。資産運用の選択肢は限られており、投資用マンションへの投資は有力な選択肢となっています。従来の日本では一戸建への志向がありましたが、核家族の影響によってマンションの需要が増大しており、投資用マンションの供給も増加しています。一般的に投資用マンションはワンルームが中心となっておりますが、最近はワンルームを建設する許可条件が厳しくなっていることもあり、ファミリータイプにおいても投資用マンションが現出しています。投資用マンションとしては分譲マンションを購入して賃貸をすることによって資金を回収するケースも増加しています。投資用マンションを購入する際には立地と価格が重要な要件となっています。賃貸マンションに住む層は利便性を重視して物件を選択しますので、通勤や通学に利便性のある交通アクセスを考慮せて物件を検討することが重要です。最近は住宅が所帯数を上回っているのが実情ですので、空室期間が出ない駅近の物件を優先する必要があります。資金調達においてはアメリカの景気拡大を踏まえて長期的には利上げ傾向を示しておりますので、長期資金をできるだけ低利で長期に固定することが重要になっています。マンションの賃料は原価の経済状況では段階的に低下する傾向を示すのは避けられませんので、当初の負担が大きくても元本部分を多く返済することが必要です。