不動産投資なら海外不動産も検討してみよう【情報収集が不可欠】

海外の不動産への投資

お金と硬貨

利回りのいい海外の不動産

日本は少子高齢化の時代に入っています。よほど条件のいい案件を厳選しなくてはさほどの利回りを期待できません。むしろ投資資金の回収ができないというリスクすらあります。そこで不動産投資をするのなら着目したいのが、海外不動産です。一般に不動産投資には家賃収入であるインカムアゲインと、不動産価格の上昇に伴う売買差益のキャピタルアゲインがあります。海外不動産なら、人口が増加していてしかも不動産価格の上昇が期待できるので、双方の収益が期待できます。また投資という観点では、日本の基軸通貨である円は海外でもかなり信用が高いといえます。それでも保有している資産の一部を他の通過に分散させることによるリスクの軽減という側面があります。海外不動産への投資をすることで、高い利回りでの運用や将来の売却益というだけでなく、保有資産のリスク分散も可能になります。ただ不動産投資は株式などに比べて現物への投資ではあるものの、実際に物件を管理どころか目にすることがないということもあります。ましてや海外不動産の場合には治安や政局の動向などでそれまで通りに運用が進展しなくなる可能性もあります。海外不動産は日本国内で不動産投資をする以上に収益性がある一方で、特に途上国ではリスクが顕在化することもあります。資産のどの程度の割合を海外不動産投資に振り向けるかは慎重であるべきといえるでしょう。投資であるからには、すべてを任せきりにするのではなく、こまめな情報収集が不可欠になります。海外の場合でも国内の場合でも、不動産投資をする際には実力のある管理会社に依頼することが大切です。賃貸管理を行なう管理会社が実績のある会社であれば、安心して手持ち物件の管理を依頼できます。これから賃貸物件の管理を依頼する会社を探すのであれば、比較サイトを活用して、理想的な管理会社をリサーチしましょう。

マンション

副収入を考える

資産形成の手段として注目されているもののひとつに投資用マンションがあります。投資用マンションで物件を探す際には物件の収益予測をする必要があります。購入費用を賄うことのできる物件を見つけることが重要なのです。

詳しく見る

男女

様々なメリットが

サラリーマンにとって不動産投資はメリットが多く、非常に高い人気を誇っています。不動産投資は起動に乗ると管理の手間がかかりにくくなる上に、税金対策にもなります。また、資金調達の面でも、サラリーマンは非常に有利です。

詳しく見る

お金と硬貨

外国の不動産投資の注意点

富裕層や経営者を主として、外国への不動産投資が拡大をみせています。しかし、海外不動産投資を行う上で注意すべきことがあります。まず、海外故に情報収集が難しいこと、そしてレバレッジ効果が享受しづらい点があげられます。

詳しく見る

マンション

低金利時代の継続

日本では長期にわたって低金利が続いているので資産運用の方法が限られています。投資用マンションへの投資は有力な運用手段となっていますが、選択に際しては立地が最も重要な要素となっています。資金調達においては長期にフィックスすることが必要です。

詳しく見る

女性

マンション経営について

サラリーマンが不動産投資に成功すると、定年退職後の収益が安定します。マンション経営に成功するためには、入居者が多く確保できる場所にマンションを建築しましょう。またエレベーター等の点検費用も計算しておく事が大事です。

詳しく見る